Select a Language
Close

デジタルエッジのESG

デジタルエッジの目標は、業界のグローバルスタンダードを設定し、データ駆動型インサイトを使用して進捗を追跡し、すべてのステップで責任を負うことを保証することによって、この分野をリードする。最も重要なことは、パートナー、サプライヤー、お客様とともに、未来のデジタル・インフラストラクチャを変革する旅をすることです。

デジタルエッジESGの柱
資源の尊重

私 た ち は 、今 後 数 年 間 にデータセンターキャパシティ や地 域 の 拡 大 を 進 め る ことで 、私 た ち の 事 業 が 及 ぼ す 環 境 負 荷 も 拡 大 し 続 け る と 考 え て お り ま す 。私たちは、環境に与える影響をクラス最高レベルで管理し、2030年までにカーボンニュートラルを達成することを約束します。

デジタルエッジは、このビジョンを次のように実現します:

  • データセンターへの電力供給において、再生可能でカーボンフリーなエネルギーの使用を増やします。
  • 革新的なテクノロジーを使用して、水と電力の消費を最小限に抑える高効率のデータセンターを設計します。
  • すべての新規データセンター建設プロジェクトにおいて、グリーンビルディングに関する国際ガイドラインを遵守します。
人とコミュニティーの尊重

私たちは人々に焦点を当てたビジネスをしており、アジアは多様な地域であり、異なるニーズと優先事項を持っていることを認識しています。私たちは、各市場に適したチームやパートナーを見つけることに全力を尽くし、プラットフォーム全体の基準の一貫性を確保しながら、それぞれのユニークな文化の特質を尊重しています。

デジタルエッジは、このビジョンを次のように実現します:

  • サプライヤーや請負業者を含む従業員の健康と安全を最優先します。
  • 多様な経歴や経験を尊重する企業文化を醸成します。
  • 地域社会と連携し、雇用を創出し、経済成長を実現します。
透明性の尊重

私たちのビジネスは、公正で責任あるコーポレート・ガバナンスの原則のもとに成り立っています。私たちは、自らの行動に対して責任を負うことができるよう、事業運営においてオープンかつ透明性を追求しています。私たちは、最高水準のビジネス倫理を維持し、事業のあらゆる側面とサプライチェーン全体でベストプラクティスを確実に推進することを約束します。

デジタルエッジは、このビジョンを次のように実現します:

  • 公正なビジネスを行うという企業文化を支えるために必要なリソースとトレーニングを従業員に提供します。
  • ESGの原則に対する当社の価値観とコミットメントを共有するサプライヤーと提携します。
  • デジタルインフラソリューションの重要性を認識し、お客様から信頼される柔軟性のある企業づくりを目指します。